生活習慣病〜咽頭がんの原因と予防、症状

咽頭は鼻や口の奥にあり食道や喉頭(こうとう)の上にある器官です。咽頭は上・中・下の3つに分類されます。

咽頭・喉頭図解〜咽頭がんの原因と予防、症状

上咽頭がん
上咽頭は鼻腔のつきあたりで、頭蓋底の直下の部位です。口を開けた時に見える口蓋垂、および扁桃腺(正しくは口蓋扁桃)の上後方の部位にあたり、この部分にできる悪性の腫瘍です。
台湾、中国南部、東南アジアなどの地域に多く発生し、日本で発症することはごくまれで、現在1年間の発症例は約500件です。3:1で男性に多くみられ、40〜70歳代に多発していますが、10〜30歳代にもみられます。

中咽頭がん
中咽頭は、口を大きく開けた時、口の奥に見える部分です。頭頸部にできたがんを頭頸部がんといい、中咽頭がんはその中に含まれます。中咽頭がんの頻度は少なく、頭頸部がんの約10%です。男性に多く、発症年齢は50〜60歳代で、比較的若い人にもみられます。

下咽頭がん
下咽頭はのどの一番下部、のどぼとけの後ろに位置します。下咽頭に発生するがんを下咽頭がんといいます。
男性は女性の4〜5倍の頻度で発生し、年齢は50〜60歳代に多く、全体の60%以上はこの年代に発症します。ただし例外があって、下咽頭の輪状後部という部位にできるがんは、喫煙や飲酒に関係なく貧血(特に鉄欠乏性貧血)をもつ女性に多く発症します。

咽頭がんの原因と予防

下咽頭がん
現在、明確な原因は解明されていませんが、ウイルスが関係しているともいわれています。

中咽頭がん
九州、沖縄など南の地域や、インド、東南アジア、フランス、イタリア、ロシアなどに多く発生する傾向にあるので、強い酒や、かみたばこなどの習慣により、喫煙と飲酒が大きな原因の一つと考えられています。

下咽頭がん
下咽頭がんも、中咽頭がん同様、飲酒と喫煙が大きな要因となると考えられています。ヘビースモーカーでお酒が好きな人ほど発症率が高いといわれています。

咽頭がんの症状

上咽頭がん
首のリンパ節の腫脹、鼻づまり、鼻出血、難聴、耳閉感など。進行すると視力障害、疼痛、味覚障害、顔面痛などの症状が起こります。

中咽頭がん
のどの痛み、血痰、異物感、ものを飲み込むときの痛み。進行すると出血、開口障害、嚥下障害、呼吸困難など、命の危険がある症状が発生します。

下咽頭がん
飲み込むときの異物感、のどがいがらっぽいなど。少し進行すると嚥下痛や痛み、声枯れ、さらに悪化すると耳への放散痛、血痰、嚥下障害がおきます。