生活習慣病〜子宮頚がんの原因と予防、症状

生活習慣病〜子宮頚がんの原因と予防、症状

子宮がんには、「子宮体がん」と「子宮頚がん」の2種類があります。「子宮頚がん」は子宮の入り口が膣に出ている子宮頚部という部位に発生します。

女性のがんで胃がん乳がんの次に多いのが子宮頚がんです。一番多いのは40歳代、次に50歳代ですが、最近は30歳代で子宮頚がんになる人が増えています。

子宮頚がんの死亡率は減少傾向にあり、40年前の半分になりました。検診での早期発見による治癒、女性の婦人科受診率の上昇、衛生環境が良くなったことなどが考えられます。

子宮頚がんの原因と予防

子宮頚がんになりやすい人

  • 多数の人との性経験が多い…ヒトパピローマウイルスというウイルスが、性交の際に子宮に侵入し、細胞を傷つけがん発生を引き起こします。多くの人と性交する人ほど感染確率が高くなります。子宮頸がんの人の95%にヒトパピローウイルスが発見されています。
  • 早くに最初の性体験をした人
  • 妊娠・分娩の回数が多い人
  • 慢性炎症…細菌性膣炎など。炎症による刺激ががん発生の原因となります

性行為に関係するので、特定のパートナーと清潔な性交渉をするように心がけましょう。局部を清潔に保つことも必要です。

おりものに注意して、異常があったらすぐに受診しましょう。年に1度のがん検診をすれば、0期〜T期の段階で発見できます。治癒率は0期で100%、T期で90%です。

子宮頚がんの症状

初期段階では、多くは無症状ですが、性器から出血がある場合があります。

  • 不正性器出血
  • おりものの異常
  • 性交時の出血
  • 腹痛

月経以外の出血を「不正性器出血」といいます。おりものの異常や出血がみられたら、すぐに婦人科に行きましょう。早期の子宮頚がんは、手術で90%が治癒します。

おすすめサイト:子宮頸がんの原因と予防を知りましょう!