生活習慣病〜高脂血症の原因と予防、症状

高脂血症は、コレステロールや中性脂肪などの脂肪成分が異常に多い状態で、心筋梗塞脳梗塞などを引き起こす動脈硬化の原因の一つです。コレステロールが220mg/dl、中性脂肪が150mg/di以上の人は高脂血症となります。

高脂血症は、数多い生活習慣病に関係しています。肥満、高血圧、糖尿病の4つを併せ持つと、動脈硬化の進行が早くなり、死の四重奏といわれています。高脂血症を予防することで、全ての生活習慣病の予防になるのです。

コレステロールは、肝臓、脳、副腎などに存在し、細胞膜やホルモンなどを合成する材料として、必要不可欠な物質です。体内のコレステロールには食物によるものと体内で合成されるものがあります。
コレステロールには、肝臓から各組織にコレステロールを運ぶ「低比重リポ蛋白(LDL)」と、組織から余分なコレステロールを肝臓に戻す「高比重リポ蛋白(HDL)」があります。
LDLは悪玉コレステロールと呼ばれ、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。悪玉コレステロールLDLが増加し、善玉コレステロールHDLが減少した場合は注意が必要です。

一方、中性脂肪(トリグリセライド)も必要時のエネルギー源として肝臓でつくられます。中性脂肪をつくる材料は、主に糖質の多い食事やアルコールで、 これらコレステロールや中性脂肪などをアルコールや食事で過剰に摂取することが高脂血症の大きな原因となります。
中性脂肪の高い人の約半数は、肥満又はアルコールによるもので、コレステロール値の高い人の半数は、食事によって値が変化するといわれています。
すなわち、高脂血症生活習慣を改めることで改善できるのです。

高脂血症の原因と予防

コレステロール、中性脂肪を増やさない生活をおくりましょう。

コレステロールの多い食品…卵の黄身、肉類、レバー、卵を使用している菓子、バター、ラード、チーズなど。動物性の脂には飽和脂肪酸が多量に含まれていて、コレステロールを増加させます

善玉コレステロールを増加させる食品…背の青い魚〜イワシ、サバ、マグロ、サケなど。オリーブオイル、海藻類、干ししいたけ

生活習慣病〜高脂血症・コレステロール

・野菜などの食物繊維を多く含む食品を摂取する

標準体重を保ち、摂取カロリーをオーバーしない。標準体重(Kg)=(身長m)×(身長m)×22 必要カロリー=標準体重kg×30kcal

多量の飲酒をしない…アルコールは中性脂肪の上昇を促進し、善玉コレステロールを低下させます。適量はビールなら中ビン1本、日本酒なら1合、ウィスキーならシングル2杯、ワインは小グラスで5〜6杯以内です。

禁煙する…喫煙により、善玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化を促します

・適度な運動を行う。運動は善玉コレステロールを増加させます。