生活習慣病〜脳梗塞の原因と予防、症状

脳梗塞は血液や脂肪等のかたまりが、脳に運ばれ脳動脈がつまり、脳に栄養や酸素が供給されなくなって脳組織が壊死する状態です。現在、脳梗塞脳卒中約6割を占めています。脳梗塞には「脳血栓」と「脳塞栓」の2種類があります。また、脳梗塞の前兆となる「一過性脳虚血発作」があります。

脳梗塞の原因と予防

脳血栓
脳の血管が動脈硬化を起こし、血栓(血の塊)ができて血管が狭くなり、血液の流れが悪くなり、血管がつまって、脳組織に血液が送られなくなった状態です。動脈硬化の他に、血圧の低下も原因となり、血圧が下がって脳の血流が弱くなる夜や睡眠中に多く起こります。心臓病や不整脈、血液降下剤の使いすぎも脳血栓を誘発する原因となります。

脳塞栓
心臓弁膜症、心筋梗塞などの心臓疾患から生じることが多く、脳以外の部位にできた血栓(血の塊)、脂肪、空気などが脳動脈につまって起こります。血流が止まることによって脳細胞が死滅し、脳神経に障害が起こります。

一過性脳虚血発作
動脈硬化のある血管にできた血栓がはがれて、脳内の細血管に一時的に引っかかり閉塞を起こした状態です。発作は一過性で、血栓はすぐに溶けて血行が正常になり、症状は改善します。発作がすぐにおさまるので軽視してしまいますが、一過性脳虚血発作を起こした人は20〜30%の確率で数年以内に脳梗塞を発症しています。

最大の危険因子は動脈硬化です。他に高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓病、喫煙、飲酒、加齢、運動不足、肥満、ストレスなどが原因となります。

脳梗塞の症状

脳塞栓は、脳動脈が突然血栓によってふさがれるので、症状は急激に現れ、重症になりやすいです。脳血栓の場合、症状は突然現れず、数時間から数日かけて徐々に悪化します。

脳血栓の症状
血圧の下がる夜間や睡眠中に起こることが多く、半身マヒ、言語障害が起きます。症状は突発的ではなく、数時間から数日間かけて次第に強くなります。

脳塞栓
半身マヒ、視力低下、失語症、意識障害、昏睡状態など

一過性脳虚血
発作一時的な半身マヒ、感覚障害、失語症など