生活習慣病〜脳卒中・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の原因と予防、症状

脳卒中三大生活習慣病の一つで、発病すると、死の危険があり、体のマヒや言語障害、意識障害などの後遺症を残すことが多い病気です。脳の血管が閉塞したり、出血、破損して脳に障害を与えるのが脳卒中です。血流が10秒間完全に止まると、意識を失って脳の組織は数時間後には破壊されてしまいます。

脳卒中の「卒」は”急に”、「中」は中毒の「中」のように”悪いものに中る(あたる)”病気です。

現在日本の死亡原因はがん、心臓病に次いで脳卒中になっていますが、数十年前までは脳卒中が死因のトップでした。これは脳卒中が減ったわけではなく、脳卒中による死亡が少なくなっただけです。死亡率の高い脳出血は減りましたが、人口の高齢化に伴い、脳卒中の6割を占める脳梗塞の患者数は増加しています。

脳卒中には、以下の病気があります。

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • クモ膜下出血

脳卒中で死を免れたとしても、後遺症が残り、回復しても患者の約15%は障害を持つことになります。

生活習慣病〜脳卒中の原因と予防、症状一覧

脳梗塞 脳出血 くも膜下出血