生活習慣病〜糖尿病の原因と予防、症状

糖尿病生活習慣病の一つで、インスリンの作用が不足することによって、液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなり、この慢性的な高血糖の状態をいいます。
インスリンとはすい臓で作り出されるホルモンで、細胞が血液の中からブドウ糖を取り込み、エネルギーとして利用するのを助ける役割を持っています。

現在の糖尿病の患者数は約740万人と推定されていて、その数は増加しています。しかし、実際糖尿病で治療を受けている人は約212万人(平成11年患者調査による総患者数)しかいません。糖尿病は最初は自覚症状が無いため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま放置しておく人が多いからなのです。また、軽い症状があっても、本人が症状かそうでないか自覚するかに個人差もあり、気づいていない場合も多いのです。

糖尿病には治療にインスリンが必要な「T型糖尿病」と、インスリン治療が必要でない「U型糖尿病」があります。特に「U型糖尿病」は、日本で最も多く、普段の生活習慣が影響する生活習慣病です。他には「妊娠糖尿病」、遺伝子の異常などによる糖尿病があります。

高血糖な状態を放置しておくと、血管や神経、腎臓、目など、全身に障害が生じます。神経障害、網膜症、腎障害などの合併症です。動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞の危険性も高くなりますし、感染症にかかりやすくもなる、危険な病気なのです。
合併症による腎臓障害で人工透析を始める人は、年間1万人以上、糖尿病が原因で起きた視覚障害の発生も年間約3,000人になります。
そして、厚生労働省の平成12年人口動態統計調査によると年間1万人の人が糖尿病で死亡しています。

糖尿病の原因と予防

糖尿病が近年増加傾向にあることには、現代の生活習慣が大きな原因になっています。食生活の欧米化、運動不足、アルコールの飲みすぎや喫煙、ストレスなど、現代社会には、生活習慣病を誘発する原因がたくさんあります。糖尿病の患者数は今後も増加するでしょう。

また、糖尿病には遺伝的な要因も関係します。血縁者に糖尿病の人がいる場合は注意が必要です。

  • 栄養過多、肉類中心の食事を避け、よく噛んで食べる
  • 塩分を控え、味付けは薄めにし、食物繊維の多い野菜、海藻を積極的に採る
  • 1日3食、決まった時間に時間をかけて食事する。就寝3時間前には食べない
  • 運動不足にならないように、できるだけ歩くことを心がける。通勤時に1駅分歩く、遠回りで買い物に行く、エレベーターを使わず階段を利用するなどでも良い運動になりますし、軽い運動はストレス発散にもなります
  • 肥満の人は糖尿病になりやすいです。標準体重まで落として、維持することに努めましょう。体重の変化に気をつける
  • 十分な睡眠と休養をとり、上手にストレス解消する
  • 禁煙する
  • アルコールを飲みすぎない

糖尿病の症状

糖尿病の多くは無症状ですが、初期には以下の症状が起こります。

  • のどが渇く
  • 尿の回数・量が多くなる
  • 急激に体重が減少する
  • 食欲がありすぎて、すぐにお腹がすく
  • 疲れやすく、だるい
  • 傷が治りにくい
  • 目がかすむ
  • 残尿感がある
  • 手足のしびれ

これらの症状は、軽い糖尿病ではほとんど現れません。症状がある場合は、血糖値がかなり高くなっている状態です。

糖尿病がからり進行すると、合併症を引き起こし、神経障害、網膜症、腎臓障害、心血管障害や壊疽(えそ)などが発症します。