28年間再発なしにスッキリ治った方法の その全てをお教えします あなたの困っている症状に今すぐお試しください
医学博士がお伝えする!うつ改善マニュアル詳細はこちら

生活習慣病〜うつ病の原因と予防、症状

うつ病(鬱病)は気分(感情)障害に分類されます。気分の浮き沈みが形となって精神的症状と肉体的症状に表れます。うつ病の原因は、はっきりと分っていませんが、内因性精神病に含まれる内因性うつ病という体質や遺伝的要因、心理的要因が関係すると考えられます。

うつ病の症状は人によって様々です。軽いうつ病の場合、なんとなく億劫に感じたりする程度で見た目は変わりなく、日常生活に差し障りはありません。しかし、重度になると何事にも興味が持てず、悲哀を感じ、自己を責め、現実とは違う妄想に駆られたり、最悪の場合自殺を考えたりします。

生活習慣病〜うつ病鬱病の原因と予防、症状

うつ病は「怠け病」や「気の病」ではありません。何をするのもやる気がでない、無気力、無関心などのうつ状態になっても、多くの人がうつ病の症状を自己の性格や気持ちの持ちようだと考えてしまうようです。
そしてやる気の出ない状態が続き、さらに無理をするのでうつ状態が進行してしまいます。不安感、焦燥感、イライラ、悲しくなる、妄想などの精神的症状や睡眠障害などの肉体的症状が悪化すると自殺を引き起こしかねません。

うつ病の多くは抗うつ剤による治療で、通院治療が可能です。抗うつ剤をきちんと服用して、ゆっくり休養して心身の疲れをとって、通院して精神療法を受ければ、ほとんどの人が完治します。

うつ病
抑うつ状態。30歳以降に発症することが多く、最も発症率の高いうつ病。45歳以降に発症するうつ病を「初老期うつ病」「退行うつ病」という。生理的変化による「更年期うつ病」などもある。

躁うつ病
うつ状態で気分が異常に高揚する。思春期以降の若者に発症する傾向がある。躁うつ病は決して珍しくは無い心の病で、適切な治療で完全に完治します。

躁病
躁状態だけの躁うつ病。

生活習慣病〜うつ病鬱病の原因と予防

うつ病(鬱病)や神経症、心身症など「心の病気」はいつ、だれがなってもおかしくは無い病気・症状です。例えばうつ病は「心の風邪」といわれるほどありふれていますし、人によって症状や程度の差はありますが、心の病気や心が疲れている人は決して少なくは無いのです。不安になったり、ストレスを感じたり、人間関係などで悩んだり、困難に遭遇したり、大病にかかったり…生きている限り、心が疲れたり、病的になることは決して珍しいことではありません。

うつ病、神経症、心身症など「心の病気」かもしれないと思ったら、一人で悩まずに、できるだけ早く専門医に相談し、適切な治療を受けましょう。「心の病気」は早期発見・治療することで早く回復できるのです。

うつ病の原因に基づく分類

精神障害は「原因」と「精神状態や行動」によって分類できます。原因に基づいた分類は外因性・心因性・内因性の3つに分かれます。

外因性精神病(身体因性精神病)

脳自体や体の病気が原因となる精神障害。

器質性精神病
脳の変化による精神障害。
原因…脳炎、脳脊髄膜炎などの脳の感染症。脳の血管障害による脳梗塞、クモ膜下出血。脳の外傷、脳挫傷。脳腫瘍、脳梗塞による痴呆。老人痴呆。パーキンソン病、アルツハイマー病などの中枢神経変性症。エイズ、クロイツフェルト・ヤコブ病。遺伝による脳変性疾患など。

症状性精神病
脳の病気ではなく、体の病気が原因でおきた脳の機能障害。
原因…肺炎、インフルエンザ、慢性疲労症候群などの感染症。肝疾患、心疾患、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ。糖尿病や尿毒症などの代謝性疾患。内分泌疾患。性ホルモンの不安定による月経前緊張症や更年期障害。 これらの体の病気が原因で脳に悪影響を及ぼすために起こる。

中毒性精神病
薬物、アルコールなどの使用で起きる脳機能障害。 原因…アルコール、アヘン類、大麻、鎮静剤や睡眠剤、覚醒剤、タバコなど。

心因性精神病

心理的原因によって起きる精神障害。

心因反応
近親者の死や災害・事故などによって、心に強いショックを受けてパニック状態を起こしたりする。また、一時的に抑うつ状態になる場合も心因性精神病である。 神経症(ノイローゼ) 恐怖症、パニック障害、強迫性障害などの不安障害。身体化障害、転換性障害、心気症。

内因性精神病

精神分裂病、躁うつ病、気分障害、分裂感情障害、などの確かな原因が分らない精神障害。

その他の精神障害

思春期の精神病…精神発達延滞、夜尿症、小児自閉症、学習障害、チック、多動性障害
老年期精神病…脳血管性痴呆、アルツハイマー病などの痴呆性疾患

うつ病・うつ状態の治療方法

うつ病のほとんどは通院治療が可能です。十分な休養をとり、抗うつ剤を飲んで精神療法を受ければ、完全に回復します。 入院が必要なケースは、重症な人や自殺の可能性が高い緊急の場合です。また、体が衰弱しているときも入院が必要です。 軽度のうつ病の症状でも、日常環境で十分に休養を取ることが困難な場合、入院を勧められることがあります。

心の病気のほとんどは、適切な治療を受ければよくなります。少しの治療で短期で改善するケースも多いのです。現在のほとんどの治療は通院治療で、普段の生活を保ちながら続けられることができるので、患者さんにとっても治療しやすいといえます。
重症の場合や自殺の危険性がある、錯乱状態であるなど緊急の場合は入院して治療します。

治療は精神療法と薬物療法が基本となります。

精神療法…患者が精神科医や臨床心理士と交流しながら心理的に改善する治療法
薬物療法…脳や神経に効く薬を用いる治療法。「薬物療法」といっても、ずっと薬を飲まなければいけないわけではありません。ほとんどの場合、一定の期間の服用で効果が得られます。

治療で大切なのは、身体の病気もそうですが、患者と医師との信頼関係なのです。人間同士ですので、その人の人柄や互いの相性の問題もありますが、患者さんが医師に心を開いて病気を治したいという意思を持ち示すことが重要なのです。

抗うつ剤による治療
抗うつ剤による薬物治療です。うつ病発症の原因には、脳内の神経伝達物質の障害が考えられています。抗うつ剤によって、脳内の神経伝達物質の働きを正常にし、憂鬱な気分の解消に効果があります。 効果は服用後10日から2週間で表れます。抑うつな気分がだんだん軽減されてきます。 抗うつ剤の種類によっては口が渇いたり、便秘や排尿が困難になったり、立ちくらみや不整脈などの副作用がある場合もありますので、体に異変を感じたら直ちに医師に告げましょう。 うつ病の症状がなくなっても、再発予防のために一定の期間抗うつ剤を服用するしなければいけません。勝手に自分の判断で服用を止めないようにしましょう。

休養をとる
うつ病の治療には十分な休養をとることが重要です。職場や学校、家事をやめて十分な休養をとり、心身の疲労をとることです。 その際注意しなければいけないのが、うつ病の患者さんを励ましたり、あちこちに連れまわすのは禁物です。なぜなら、うつ病の患者さんにとって励ましてもらったのに、励みに応じることのできない自分、心から楽しめない自分、そんな状態に陥りうつ病の症状が悪化してしまうからです。

うつ病・うつ状態、神経症の治療方法〜精神(心理)療法

患者さんの心理的側面からサポートする治療法です。
うつ病は治ること、怠け病や気の持ちようではなく、うつ病は病気であることを患者さんに理解してもらうことも大切です。

心理療法ともいいます。精神科医と患者さんが心の交流を図って、症状の除去や精神的な障害を取り除くことが目的の治療方法です。

「カウンセリング」は精神療法とは異なります。「カウンセリング」は精神科医が行うのではなく、専門的な心理カウンセラーが患者さんから悩みや話しを聞いて、言葉のやりとりによる心理的援助を行います。「カウンセリング」の目的は患者さん本人の精神的な自立を促し、解決する方向に運ぶことです。

精神療法には、いろんな方法があります。

支持的精神療法

精神療法の中で最も実践されている基本的な治療法です。医師が患者の悩みや不安、症状をよく聞き、支持しながら受け止め、症状や悩みを解決するため助言します。この際医師はあくまで支持して受け入れるだけで、患者さんの個々の問題などには深く介入しません。患者さん自身が自分の力で自立できるようにすることが目的の治療方法です。

精神分析療法

心理学者のフロイトが創始した治療法です。患者さんの心に無意識に潜む心の傷や原因を調べて、理解してもらいます。 患者さんは仰向けになって寝ます。自由連想法という、心に浮かぶままの自由な考えを話す発想法です。

訓練療法

学習や訓練することによって、患者さんの適応能力を高めて、症状を回復させる治療法です。

森田療法
慈恵医大名誉教授の森田正馬博士が神経症(神経質症)の悩みを解決するために生み出したすぐれた精神療法で、1920年ごろから始められた精神療法で世界的に知られています。
人間が本来もっている、人間らしい欲望や不安、感情のメカニズムなどを科学的に解明するという理論に基づいて、「あるがまま」の心を育て、行動プログラムを体験して、神経症を克服する治療法です。

行動療法
パニック障害、恐怖症、強迫神経症、摂食障害、小児自閉症、不登校、などに用いられる治療法です。いくつかの種類がありますが、強迫神経症の治療では、不安や恐怖感を抱かせる場面・状況から回避するのではなく、慣れさせ異常行動を直す、確認や計算などの行動を我慢させるなどの方法があります。

認知療法
うつ病、パニック障害、不安神経症、強迫神経症、摂食障害、人格障害などの症状に用いられます。医師と患者さんが話し合い、自らが認知(その人の物事のとらえ方)の歪みを修正するように手助けをすることが目的です。

芸術療法

絵画療法、箱庭療法、音楽療法、詩歌療法、造形療法、舞踊療法、心理劇などの芸術活動によって心を表現し、感情を発散させ心を理解して直していく治療方法です。個人で行う場合と集団で治療する場合があります。どの療法を行うのかは患者さんの意思によって決めます。

集団精神療法

集団の患者さんに対して行う治療方法です。精神分裂病、摂食障害、アルコール依存症、薬物依存症など。集団精神療法において重要なのは、集団(グループ)のメンバー同士の交流です。同じ病気や苦しい症状をもっている人たちの存在によって自分と同じ心の病を共有し、所属することが治療を進めるうえで大切な役割となります。

うつ病・うつ状態、神経症の治療方法〜薬物療法(向精神薬療法)

向精神薬とは、脳に作用して精神機能(心の働き)に影響を及ぼす薬物のことです。向精神薬には、抗うつ剤、抗精神病薬、抗不安薬、睡眠薬などがあります。

向精神薬による治療は効果がありますが、人によって効き方が違ったり、副作用が出たりします。最初に医療機関で他に病気を持っているか、アレルギーの有無、現在服用中の薬など質問されます。薬が処方されると薬の名前、服用方法・期間、薬の効果、どのような副作用が出る可能性があるかなど説明を受けます。この際、質問や要望があるなら医師にきちんと伝えましょう。副作用が出た場合は、直ちに医師に報告してください。

抗うつ薬

現在うつ病治療の主流となっている薬で、うつ病、躁うつ病などに用いられます。うつ状態だけでなく、幅広い病気に使用されます。強迫神経症や恐怖症などの神経症、パニック障害、夜尿症、慢性疼痛症などの精神障害など。

三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、ベンズアミド誘導体のドパミン受容体阻害薬のスルピリド、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が使用されています。最近ではセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)が発売されました。効果が高く副作用が少ないといわれています。

抗うつ薬の副作用には、口渇、便秘・排尿障害、不整脈、起立性定血圧、心伝導障害などがあります。SSRI、SNRIには上記の副作用はほとんどありませんが、頭痛や消化器症状があります。

抗精神病薬

精神的な興奮を鎮めて妄想や厳格症状を消滅させる作用があります。メジャートランキライザー、強力精神安定薬ともよばれます。急性期・慢性期の精神分裂病、幻覚妄想状態、アルコールや薬物による中毒精神病、などに用いられます。

クロルプロマジンなどのフェノチアジン系製剤、ブチロフェノン系製剤、チオキサンテン系製剤、ベンズアミド系製剤などいろんな種類があります。

気分安定薬(抗躁薬)

躁うつ病のときの躁状態や急性期の躁病に使用されます。薬物の力で抑えるのでは無く、自然に沈静化させる炭酸リチウムがよく用いられています。炭酸リチウムはリチウム中毒などの副作用が起きることがあります。

抗不安薬

不安や緊張感を軽減して改善させます。うつ病、神経症、心身症、自律神経失調症、てんかん、アルコール依存症、不眠症などに使用されます。副作用には眠気、めまい、ふらつき、倦怠感、すぐ疲れるなどがみられます。高齢者の場合、記憶障害が起きることもあります。

睡眠薬

睡眠を促進させる薬です。バルビツール酸系、非バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の4種に分類されます。作用時間は様々で6時間から30時間以上になるものがあります。

また、抗不安薬の中に高い催眠効果を持つ薬があるので、一般的にはそれを使用します。

精神刺激薬

精神刺激薬は、中枢神経を刺激して覚醒水準を高めることで精神状態を増強します。運動能力・知覚機能を強化し、疲労回復や食欲抑圧の効果があります。

副作用には発汗や不安、幻覚などの精神症状があります。

抗酒薬

アルコール依存症の治療に使用されます。現在使用されているのはジスルフィラムとシアナミドです。断酒するのは患者さん自身の意思で行うのが理想的な治療方法ですが、無理な場合に抗酒薬を使用します。

抗てんかん薬

抗てんかん薬は、てんかん、幻覚、妄想、不安などの精神症状に使用される薬です。

漢方薬

漢方薬とは、生薬という天然植物や動物などを調合した薬です。眠気や依存症はありません。

うつ病(鬱病)の症状

うつ状態の症状は、精神的症状と肉体的症状に分かれます。うつ状態は広い意味では心身の疲労なのです。 うつ病になりやすい人の性格には、几帳面、堅実、勤勉、責任感が強く、律儀で仕事人間、自分自身に対して高レベルを要求する、秩序を重んずる、他人を中心に自分のことを考える、などの傾向が見られます。

また、多忙による極度の疲労、人間関係や環境によるストレス、環境の変化、家庭の問題、親近者の死など、様々な原因があります。

うつ病の精神的症状

うつ状態精神的な症状としては気分障害、思考、意欲、行動の異常があります。

気分障害

  • 何事にも興味が持てない
  • 原因が無いのに悲しく感じる
  • 気分が滅入る
  • 誰かがいないと寂しい
  • 憂鬱
  • イライラする
  • 不安になる
  • 涙もろくなる
  • ぼんやりする
  • 活気が無くなり、悲しくなる
  • 死にたいと思う
これら精神的症状は朝から午前中が最も悪い状態で、夕方頃から軽快します。このような症状の変動はうつ病の特徴です。

思考の異常

  • 集中力が無い
  • 快活に話すことが出来なくなる
  • 同じことばかり考える
  • 頭がぼーっとする
  • 判断力、決断力が無くなる
  • 悲観的に物事を考える
  • 自分を否定する
  • 絶望する
このように悲観的、否定的になります。過去を悔やんだり、将来への絶望感を持ったりします。
重度のうつ病の人や高齢者には妄想などの症状もでます。

意欲、行動の異常

  • 物事におっくうになる
  • 活発でなくなる
  • 表情が無くなる
  • 動作が鈍くなる
  • 人と会う事、話すことが面倒
  • 何事もする気が起きない

身近な日常動作〜例えば、食事をすることがおっくうになる、などから始まって遂には社会生活全般においての行動ができなくなります。悪化が進むと無言・無反応状態になり自殺につながる可能性があるので注意が必要です。

うつ病の身体的症状

  • 睡眠障害
  • 食欲減退
  • 味覚異常
  • 体重減少
  • 性欲減退
  • 倦怠感
  • 脱力・無力感
  • 関節痛、腰痛、頭痛、めまい、肩こり
  • 便秘・下痢
  • 手や足先の冷え
  • 抜け毛

注意したいのは、睡眠障害の場合、不眠で早朝に目が覚め、一人でいる場合に突然自殺を図ったりすることが多いことがわかっています。

躁状態の症状

躁状態うつ病よりも行動に表れる症状が見られます。身体的症状はあまり表にでません。ですから周囲には病的だと分ることは容易ではありません。

  • 多弁、待つことができなくなる、浪費するなど、行動の抑制ができなくなる
  • 自信過剰、自己中心的、楽観的、羞恥心が無くなる
  • 怒りっぽく、反抗的になる
  • 注意が散漫になり、集中できない
  • 性欲が増す