生活習慣病の予防と生活〜ストレス

ストレッサーという外部からの刺激を受けて、生体に起こる反応を「ストレス」といいます。人によって日々の生活リズムは異なり、ストレスに対する反応も受け方も違ってきますが、不規則な生活、過剰労働、無理をすると、疲労がたまりストレスを蓄積させてしまいます。

その結果、ストレスによってうつ病神経症などの精神・神経の異常、自律神経失調症、不眠、不整脈、胃潰瘍・十二指腸潰瘍高血圧動脈硬化、月経異常、などを引き起こしてしまいます。また、免疫力も低下するので、がんの発生にも影響を与えます。

ストレスチェック

アメリカのホームズ博士によるストレス度の評価です。日本人とアメリカ人では生活習慣などが異なるので、そのままあてはまらないかもしれません。この評価から、1年間のストレス度の合計が300以上では80%、300〜150の割合で心筋梗塞、うつ病を発症するとしています。

ホームズ博士によるストレス度
できごとストレス度 できごと ストレス度
配偶者の死100 夫婦喧嘩 35
離婚 73 多額の借金 31
配偶者との離婚 65 職場での責任の変化 29
拘禁 63 子供の独立 29
近親者の死 63 親族間のトラブル 29
怪我、病気 53 配偶者の退職 26
結婚 50 入学・卒業 26
失業 47 生活の変化 25
離婚調停 45 環境の変化 24
退職 45 上司とのトラブル 23
親近者の病気 44 労働条件の変化 20
妊娠 40 引越し・転校 20
性的な障害 39 小額の借金 17
家族数の増加 39 睡眠の変化 16
仕事の変化 39 食生活の変化 15
経済状態の変化 38 休暇 13
親しい友人の死 37 クリスマス 12
転職・配置転換 36 軽い法律違反 11

ストレスをためないように心がけること

時にストレス突然死の原因にもなります。突然死の原因となるのは急性心不全、虚血性疾患、クモ膜下出血、脳内出血、脳梗塞などです。このような疾患を起こす人は高血圧症、動脈硬化、糖尿病、高脂血症、痛風、肥満、などを持っていることが多く、生活習慣として喫煙、過度の飲酒、塩分の採りすぎ、過食、運動不足、不規則な生活などが挙げられます。

生活習慣病〜ストレスの解消

軽いストレスの場合は、入浴や運動、趣味など自分の好きなことで解消するように心がけましょう。また、仕事や生活においては、あまり熱中しすぎない、こだわり過ぎず、時には不満も口にして、疲労を感じたら十分に休養・睡眠をとりましょう。

また、飲酒や食事もストレス解消の方法ですが、飲みすぎや食べすぎはアルコール性障害肥満の原因にもなりますので、注意が必要です。早寝早起きして規則正しい生活をし、できるだけ毎日同じ時間に3食きちんと食事をするようにしましょう。